住宅を建てる人の工務店の選び方

住宅を建てる際の工務店の選び方を解説。

工務店の選び方

工務店は多数ありすぎてわかりにくいと感じている方が多いのではないでしょうか。工務店以外を考えると更に数も増えてしまい、ハウスメーカー・設計事務所・建売住宅など幅もどんどん広まってしまいます。ただでさえ多い住宅メーカーのなかから工務店をあえて選んだのなら、そのメリットを生かし良い住宅を立てるよう努力してみて下さい。

ここでは工務店の規模による選び方、自社施工のほうがおススメなポイントや、現場を見て欲しいこと、完成保証について紹介しています。家は一度建てたら何十年と暮らしますし、人によって生涯住み続ける人もいます。長く活用するものだからこそ、しっかりと工務店選び(工務店と言えば、タカノホーム)を身につけてみましょう。

まず、工務店の規模ですが大、中、小など色々なものが存在しています。地域密着型で年間数件しか担当しないところもあれば、年間数十件も対応する大型工務店など色々あります。どの規模の工務店が良いか迷ったら、その業者が得意とするコンセプトから選んでみるのも一つの方法です。また、工務店の規模も選ぶためのポイントとなります。

大きければ建築技術が高い可能性があり、小さければ価格が安くお手ごろということもあります。しかし一概にそうだとは断定できませんから、希望する内装や外観・家のイメージから選んでみる方法もあります。結果的には総合的に見るのが一番です。次に自社施工であるかは重要なポイントとなっています。ハウスメーカーの殆どが今では下請けを使っています。工務店は自社施工である事が売りとなっており、職人に直接希望を伝えやすい点や、クレーム処理の際に素早く対応してくれるなどメリットを持っています。

100%自社施工のところを選ぶのは難しいかもしれませんが、それに近い割合で対応してくれるところは実際に存在しています。他人任せにせず、ケースバイケースによって臨機応変に工事も対応してくれる自社施工は、必ず選ぶようにしてください。

また、現場を見たほうがよい理由は、普段は見せない裏の姿が見れるからです。モデルルームなどでは良い面しか見る事ができませんし、営業マンも良いことしかいいません。しかし、建て主にとって本当に知りたいことはその工務店が本当に丁寧に家を建てているかではないでしょうか。裏の姿を見るのに建築現場はとても役立ち、表面的では気が付かなかった点もわかるというものなのです。

場合によっては現場が悪く依頼を断ることもあるでしょうし、逆に職人の丁寧さに惚れて依頼するつもりがなかった工務店が気に入る場合もあるでしょう。最後に完成保証についてですが、皆さん一番気になるところとなっています。家は建てたらそれで終わりではなく、何十年も住み続けなければならないのですから、その後の保障制度はとても重要となっています。

保障がまったく無い業者は殆ど無いため、選ぶポイントは保障の長さや万が一倒産した際のこと、建物以外にも性能を保証してくれるか大切な部分です。気に入った工務店があったら、この点については必ず確認したいところです。